ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

副キャプテンの心意気「俺が今週頑張るより…」

国内男子ツアーの賞金王レースを独走する松山英樹は、19日(木)に開幕した「ANAオープン」を戦い終えると、次週に渡米。10月第2週に開幕する来季の米ツアー参戦に備えるが、まずはその前週3日(木)から世界選抜チームの一員として、米国選抜との対抗戦「プレジデンツカップ」を戦う。

そして名誉あるこの団体戦に参加する日本人がもう1人。丸山茂樹は、世界選抜のニック・プライス主将を支える副キャプテンとして、チームに加わることになる。

その丸山は今週、主催者推薦によりANAオープンに参戦。昨年末にシード権を失い、今季は故障を癒しながらシーズンを過ごしており、この試合が7月の「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」以来、まだ2試合目だ。

痛めている左手親指の付け根部分は、ラウンドを進めるごとに腫れが増してしまう。そのため普段からストロング気味に握るグリップは、プレー中に次第にウィークになり、スタートホールと最終ホールでは感覚がまるで違う。この故障がなかなか改善しない。

4バーディ3ボギーの「71」、1アンダーの42位タイで終えた初日のラウンド後も「ここに入ってくるまでのフィーリングでやれたら良かったけど。調子良く試合に入って、これじゃなぁ。悔しい。痛いだけなら我慢できるけど、腫れてしまうと…」と、肩を落とした。

丸山は今大会開幕2日前に松山、深堀圭一郎と練習ラウンドをともにし、アドバイスを直接送った。「ヒデキに頼まれちゃったからね。俺が今週頑張るよりは、あいつをプレジデンツカップで頑張らせたい。“助監督”の思いがある。頼まれたらイヤとは言えないよ」。

その練習ラウンドは、ケガの具合や体力面もあって、丸山自身のプラスに働く要素はなかったはず。それでも、やるべきことだった。そして同世代の深堀も「自分たちに今できることは、昔とは違う」と思いを共有した。

もちろん、今週も黙って予選落ちする気はない。「4日間はやりたいなあ。輪厚の空気を吸って帰りたい」と力強く言った。

「まあ、4日って限定すると、火、水、木、金…(予選落ち)になっちゃう。(週末までの)6日って言いたい。そこ、大事なとこだから。意外とセンシティブな、おとめ座のB型だから。頼むよ」。周囲を笑いの渦に巻き込む丸山節は健在だ。

プレジデンツカップはチームワークが問われる団体戦。特に世界選抜は、全選手が英語を母国語としているわけではなく、毎回コミュニケーションが大きな課題とされてきた。独特のユーモアが武器の副キャプテンは、朴訥で、ちょっぴり不器用な21歳を大いにサポートしてくれるはずだ。(北海道北広島市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。