ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

46歳、鈴木亨の戦いは終わらない QT初参戦へ

年間25試合ある国内男子ツアーの24戦目「カシオワールドオープン」は、来年度のシード権を争う最後の戦い。シーズンの優勝者と国内賞金ランク25位以内の“エリート選手”だけが集う最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を前に、重圧と独特の緊張感がKochi黒潮カントリークラブを包み込む。

2012年もそれは同じ。そして予選2日間が終了した23日(金)、決勝ラウンド進出を逃した選手の中には、早くもシード喪失が決定し、次週のファイナルQT参戦を決めた選手もいる。その中には46歳の鈴木亨の名前も。昨年末に賞金シード権を喪失し、今年はキャリアで1度だけ行使できる「生涯獲得賞金25位以内の選手」の権利で、21試合に出場。しかし、決勝進出は9試合に留まり、前週までの賞金ランクは85位。逆転の望みを持って高知に乗り込んだが、結局通算3オーバーの83位で姿を消した。

1993年から昨年まで現役選手としては最長となる18年連続でシード権を維持。そして今年、“切り札”も失った。昨年、首を故障してから陥った不振からの脱却はならなかった。「苦しい一年、良いことがなかった。色々立て直すことができなかったな。過労もある、試合に出続けていればね」。

だがこれでレギュラーツアーへの道を諦めるわけにはいかなかった。来週には来季の出場権をかけたファイナルQTに出場する。QT制度は1999年に日本ゴルフツアー機構(JGTO)が発足してからできたもの。40代も後半に差し掛かったところで、初参戦することになる。「初めての経験で、ドキドキ感がある…。でも新しい経験ができるわけだから。色々なことが頭をよぎるけれど、やるだけです」。この日のラウンド後、一番にこのエントリー用紙の提出を済ませたのは鈴木だった。

「自分の中ではモヤモヤ感がある。まだやれる、というのがある」。燃え尽きるにはまだ早い。「あれだけやったのにね。年はとってきたけれど、まだ64、65が出る。自分の中でやりきった感じがない。もうちょっと、頑張ります」。崖っぷちの挑戦にも、臆することなく立ち向かって行く。(高知県芸西村/桂川洋一)

<カシオワールドオープンで予選落ちし、シード資格を喪失した選手>
S.J.パク冨山聡額賀辰徳鈴木亨C.プラポール河瀬賢史佐藤信人津曲泰弦(佐藤以外は既にファイナルQTエントリーを済ませた)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2012年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。