ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

アリの巣に止まったボール、どう処理する? 細川和彦

国内男子ツアーの「フジサンケイクラシック」は30日(木)、山梨県の富士桜カントリー倶楽部で開幕。1アンダーの15位タイと上々のスタートを切った細川和彦のラウンドには、なんとも珍しい“ルールトラブル”があった。

インから出た細川は折り返しの18番で、第1打を左サイドのフェアウェイバンカーに突っ込んだ。ショットは曲がったが「転がって(バンカー内の)平らなライから打てるはず」と落ち込むこともなく歩いていくと、その思惑とは違い、ボールは埋まっていた。「どうして“目玉”に・・・」と頭の中は疑問符でいっぱいになったが、そのボールの付近を良く見ると無数のアリが周囲を駆け回っている。細川の打球は、“彼ら”の巣をふさいでしまっていたのだった。

同組のルーキー、川村昌弘は「アリ、かわいそうですね・・・」とポツリ。確かにそうだ。このまま彼らの寝床を一瞬にして奪い去るわけにもいかない。競技委員を呼び、処置を聞く。裁定集には“アリの巣”の記載が無く、ツアーでも例を見ないケースとあって、5人の競技委員は無線も駆使して“会議”を実施。「規則25-1.異常なグラウンド状態」に類似するものと判断し、特別措置として救済。同じバンカーの中、1クラブレングス以内でドロップして、3打目を放った。

このホールでなんとかパーを拾った細川。「こんなの初めて!」と大笑いする。実は話のオチはこれにとどまらない。後半6番では、手引きカートの車輪が外れてしまうアクシデントが発生。そこからキャディは、バッグを担いでホールアウトすることになった。

今大会は前週の「VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント」で単独3位に入ったことで開幕直前に出場権を獲得。しかし待ち受けていたのはドタバタの18ホール。「なにか良いことないかなあ」と、苦笑いで明日を見据えていた。(山梨県富士河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2012年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。