ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

欧州PGAツアー「ジョニー・ウォーカー・クラシック」最終日

3日目の(63)で2位以下に13打差という脅威の大差をつけて最終日に乗り込んだレティーフ・グーセン。どちらかというとシャイで寡黙なグーセンだが、さすがにこの13打差には喜こび「3日目の出来映えは100点満点だ」と語っていた。

そのグーセン、13打差を気負ってしまったのか、最終日の出だしのティショットはミス。左の林につっこんでしまい、ダブルボギースタート。一方、同じ組で回ったアーニー・エルスはこのホールをバーディ。首位との差が1ホールで一気に3打も縮まった。しかしこの後エルスには大きなチャージはなく、結果(72)でフィニッシュ。グーセンの優勝を脅かす存在とはならなかった。

グーセンは徐々にペースを取り戻し、優勝に向かってまっしぐら。戦いは2位争いのエルス、ガルシア、フルケに集中した。ガルシアはパットに泣かされたこのトーナメントだったが、2番で16メートルのバーディパットを沈めガッツポーズが出た。さらに最終ホールでも長いバーディパットのチャンス。これは僅かにそれて、(69)の通算5アンダーと2位に一歩及ばず。

代わって2位を奪ったのは最終日に(66)と躍進を遂げたピエール・フルケ。優勝はもちろんグーセンだが、最終ホールをボギーとする(73)と決して良いスコアをは言えない出来映えだが、3日目までの貯金が利いて、欧州PGAツアー8勝目を手にした。

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~