ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/24〜11/27 場所:キングストン・ヒースGC(オーストラリア)

スペインがメルボルンで首位発進

「ISPSハンダ ゴルフワールドカップ」が開幕し、初日のキングストン・ヒースGCは各組のスコアが伸び悩むタフなコンディションとなるなか、スペインのラファ・カブレラベローとホン・ラームが「69」をマークし、1打差の首位に立った。

メルボルンでは風が状況を難しくし、2013年以来の開催となったワールドカップ初日はバーディの価値が高まる一日となった。

<< 下に続く >>

最終ホールでこの日2つ目のバーディを奪ったスペインは、初日を1イーグル、2バーディ、1ボギーの3アンダーとし、中国、フランス、そして米国に1打差をつけて単独首位発進を切り、リーダーボードの上位はヨーロピアンツアーメンバーが大半を占める格好となった。

初日をアンダーパーで終えたのは、28チーム中わずか6チームのみとなり、イングランドとイタリアは1アンダーで金曜のフォアボールを迎えることに。

カブレラベローは2016年シーズンの全大会で予選通過を果たしながらも未勝利と、今季初勝利を目指しており、一方、コンビを組むラームは今夏の「全米オープン」後にプロへ転向したばかりの新鋭である。

スペインはこれまでワールドカップ4勝と、優勝回数は4番目に多い国ながら、1984年以降優勝から遠ざかっている。

中国、フランス、そして米国が2アンダーのクラブハウスターゲットを設定し、60台のラウンドは不可能に見えたが、18番でカブレラベローが一旦はボールが通過しかけてカップの縁に留まるかに見えた4.5メートルのバーディパットを沈め、スペインがこの日唯一の60台をマークした。

スペインの2人は4番でボギーを叩くも、パー5の5番でラームが2打目をピンに絡めると、カブレラベローが残りのパットを沈め、フィールド全体でこの日唯一となるイーグルを奪い、その後、12番でもバーディを奪った。

「面白いパットだったね」と最終ホールのパットについて述べたカブレラベロー。「見ていて確実に入るよう見えたのだけど、突然ラインから外れちゃってね。あれがどうやって戻ってきて入ったのか、僕には皆目見当もつかないよ」。

「楽しい一日だったし、僕らは良いプレーをしたね。風があったので、とてもタフでトリッキーだったけれど、ホンはすばらしいプレーをしたよ。僕も幾つかパットを決めたし、幾つか良いショットを打った。このスコアは誇りだし、僕らのプレーに見合っていると思うよ」。

「この地域のこうした天候で、こういうタイプのコースでフォアサムをプレーするのは、僕がプレーし慣れた米国の環境と比べると、少しトリッキーなんだ」とラーム。

「見ての通り、僕らは僕がより多くのティショットを打つよう戦略を練ったんだ。彼は幾つかすばらしいショットを打ったし、パットも決めてくれたけど、それこそ正に僕らが必要としていたものなんだ。すばらしいショットを打つことよりも、ミスを避けることの方が重要だったけれど、僕らはそれを完璧にやり通すことができたよ」。

ビクトル・デュビッソンとロマン・ランガスキューがタッグを組むフランスは、出だしの1番でランガスキューがタップイン圏内に寄せる見事なショットでバーディをお膳立てすると、9番でも2016年にチャレンジツアーからの昇格を果たしたランガスキューがデュビッソンに簡単なバーディパットをプレゼントした。

フランスは10番でもバーディを奪って3アンダーとするも、11番と12番で連続ボギーを叩いて後退。しかし、パー3の15番で見事なティショットからこの日4つ目のバーディを奪った。

今季のヨーロピアンツアーで共に優勝を遂げている中国の呉阿順李昊桐は、3バーディ、3ボギーのイーブンパーで16番のティに降り立つも、呉が最終ホールで長いバーディパットをねじ込むなど、上がり3ホールで2つのバーディを奪って「70」で初日を終えた。

ジミー・ウォーカーがバンカーから直接ホールインした13番でのバーディを皮切りに、3連続バーディを奪った米国チームだったが、16番でボギーを叩いて勢いが止まった。

フランチェスコ・モリナリマッテオ・マナッセロが組むイタリアは、4つのバーディを奪うも、12番のトリプルボギーが大きく響いた。一方、アンディ・サリバンクリス・ウッドが組むイングランドも同ホールでダブルボギーを叩き、初日を「71」とした。

イーブンパーにはデンマーク、アイルランド、スウェーデンがつけており、1オーバーにはオーストリア、ベルギー、タイ、そして日本がつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!