ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/24〜11/27 場所:キングストン・ヒースGC(オーストラリア)

青木功会長が現地視察「遼は遠慮がちなのかな」

◇国・地域別対抗戦◇ISPSハンダ ゴルフワールドカップ 2日目(25日)◇キングストン・ヒースGC(オーストラリア)◇7111yd(パー72)

日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長が当地を訪れ、松山英樹石川遼の日本代表チームを激励した。大会2日目のスタート前に対面。各ツアー関係者との会合前には、チームに帯同しロープ際から視線を送った。

松山と石川の日本チームはフォアボール形式(それぞれのボールをプレーし、ホールごとに良い方のスコアを採用)のダブルス・ストロークプレーで、この日7バーディ「65」。10位から通算6アンダーの8位タイに順位を上げた。気温13℃の寒さに青木会長は「オーストラリアって、こんなに寒かったっけ?まあ、今の時期に来たのは初めてなんだけど」と驚きつつ、「ふたりは頑張っているね。(逆転へ)ちょうど良いところじゃない?きょうは少し噛み合った方じゃないか」と納得の顔を見せた。

日本のレジェンドも「フォアサム形式が一番難しい」と3日目は再び忍耐を強いられる展開を予想。「あしたもう1回我慢して、1アンダー、2アンダーと出せれば面白い」とコメント。日本が誇るゴルファーがそろった顔ぶれに「遼は腰を痛めていたから、遠慮がちなのかな。でも日本でも勝っている。松山も勝っている。良い意味で闘争心を持ってやっている。あしたに期待しましょう」と目を細めた。(オーストラリア・メルボルン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!