ニュース

欧州男子ネッドバンクゴルフチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ネッドバンクゴルフチャレンジ
期間:11/10〜11/13 場所:ゲーリー・プレーヤーCC(南アフリカ)

王情訓が3勝目に向けて「64」で単独首位

「ネッドバンクゴルフチャレンジ」は、タフなコンディションとなった3日目のラウンドをノーボギーの「64」で回ったワン・ジョンフンが3打差の単独首位に立つ展開となった。

韓国のワンは3日目を1イーグル、6バーディでラウンドして通算11アンダーとして、2位につける地元・南アフリカのルイ・ウーストハイゼンに3打差をつけた。さらに1打差の3位には、6バーディ、2ボギーの「68」で3日目をラウンドしたイングランドのアンディ・サリバンがつけている。

<< 下に続く >>

初日を「68」、2日目を「73」でラウンドしたワンは、首位のアレックス・ノレンから5打差で3日目をスタート。ヨーロピアンツアー2勝、21歳のワンは、スタート2ホールで連続バーディを奪って、序盤からその差を縮め始める。4番でチップインバーディを奪うと、6番でもバーディを奪い、通算7アンダーまでスコアを伸ばした。さらに、パー5の10番でアルバトロス逃しのタップインイーグルを決めて通算9アンダーとすると、11番でも上からのバーディパットをねじ込む。そして、最終ホールで3.3メートルのバーディパットを決めて「64」、通算11アンダーの単独トップで最終日を迎えることになった。

3日目のスコアに興奮するワンは「今日の『64』は大満足ですが、それよりもボギーをたたかなかったのがうれしいですね。このコースで、しかも風が強かった中で8アンダーをたたき出しました。まだ信じられませんね」と語り、最終日に向かっては「優勝については考えたくありません。とにかく残り18ホールに集中したいですね。明日も今日と同じようにプレーできるよう頑張ります」と心持ちを確認していた。

首位と2打差でスタートし、地元の声援を浴びながらプレーした34歳のウーストハイゼンは、「今日もタフな一日だった。風は2日目よりも強かったね。ただ、僕は良いプレーができたよ。首位と1打差でいられたら、もっと落ち着いていただろうけれどね。でも、良いプレーだったよ」と70のラウンドを語った。「2連続ボギーのフィニッシュは良くなかったけれど、ショットは良い感じで打てているんだ。だから最終日が楽しみだね」。

通算5アンダーの4位タイで、ノレンとブランデン・グレースが続いた。さらに1打差で、3日目を「69」でラウンドした「レース・トゥ・ドバイ」首位のヘンリック・ステンソンがつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ネッドバンクゴルフチャレンジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!