ニュース

欧州男子アフラシアバンク・モーリシャスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 アフラシアバンク・モーリシャスオープン
期間:05/12〜05/15 場所:フォーシーズンズGC(モーリシャス)

ワンが2週連続優勝をモーリシャスで達成

「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」最終日は、シディクール・ラーマンとの激闘を制したワン・ジョンフンがヨーロピツアーでの2週連続優勝を達成した。

ワンに1打差の首位で最終日を迎えたラーマンは、16番ティに立った時点でその差を3ストロークまで広げていたが、その後の2ホールでスコアを3つ落として並ばれ、2人が最終ホールを通算5アンダーで迎える展開となった。

<< 下に続く >>

ワンは18番でバンカーからの起死回生の一打でバーディを奪い、先週、モロッコの「ハッサンIIトロフィー」でヨーロピアンツアー初優勝を飾った20歳が、わずか7日後にツアー2勝目もモノにした。

先週のロイヤルゴルフ ダール・エス・サラムでは最終ホールでバーディを奪って勝負をプレーオフに持ち込んだワンだったが、この日はラーマンが18番でピンを直撃する見事なチップショットを見せるも、返しのパットを決め切れなかったことにより、規定の72ホールで勝負が決することとなった。

ヨーロピアンツアーでの2週連続優勝は、2014年に「WGCブリヂストンインビテーショナル」と「全米プロゴルフ選手権」を連続で制覇したロリー・マキロイ以来のこと。アジア出身選手としてはツアー史上初の快挙だ。

「2週連続で優勝したことが信じられません。今はとても興奮していますし、勝てたことが本当に嬉しいですね」とワン。

「3週連続で勝てればと思いますが、来週は大きな大会ですし、アイルランドへ行くのは初めてですので、どうなるか自分でも分かりません。ベストを尽くしますよ」。

「今日は運を味方につけることができました。16番までは、今週勝てるなんて考えもしませんでした。多くのパットを決め損ないましたので、勝つチャンスなんてないと思っていたのです」。

難しいコンディションとなったフォーシーズンズGCで今週4日間を通してアンダーパーでラウンドしたのはワンとラーマンの2人だけ。3位タイで大会を後にしたニコラス・コルサーツエスタニスラオ・ゴヤは通算イーブンパー、そしてアンドリュー・ドットはその1打後方の5位で大会を後にした。

ワンとラーマンの2人は序盤にボギーを叩くも、ラーマンはパー3の5番で見事なティショットからバーディを奪うと、2打目をピン側5メートルにつけた6番でもバーディを奪い、リードを3打差に広げた。

一方、同組のワンはこの6番でティショットが不運なスロープに留まって3オンとなりパーパットも外したことで、ラーマンの握った主導権は確固たるものとなった。

しかし、飛距離に勝るワンが短いパー4の9番でバーディを奪い、ラーマンが12番で短いパーパットを外したことでリーダーに掛かるプレッシャーは倍増した。

ワンは14番で3パットのボギーを叩くも、ラーマンはティショットをロストボールとした16番でダブルボギーを叩き、17番では3パットのボギーを喫したことでドラマティックな結末を演出することとなった。

アルゼンチンのゴヤは15番と18番でバーディを奪って最終日を「71」とし、上位陣が順位を落とすなか3位で大会を終えた。コルサーツはイーグルを奪いながらも3つのダブルボギーを叩き、最終日を「75」とした。

一方、最終日を「76」としたドットは5位で大会を終え、その1打後方の6位にはブランドン・ストーンが入った。ラヒル・ガンジーリチャード・マケボイロス・マクゴーワンテリー・ピルカダリス、そしてジェイソン・スクリブナーは通算3オーバーの7位タイで大会を後にした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 アフラシアバンク・モーリシャスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!