ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

スペインオープン
期間:05/14~05/17  場所: エルプラット・レアルGC(スペイン)

再び地元での快挙達成を狙うヒメネス

ヒメネスの自国オープンでの連覇達成は、ツアー最年長優勝記録更新を意味する ※撮影は2014年「マスターズ」

地元での歴史的快挙達成から1年を経て、ミゲル・アンヘル・ヒメネスは自ら作った歴史を己の手で書き換えることを狙っている。ヨーロピアンツアーの2015年シーズンでは初めてヨーロッパ本土で開催される大会、今週の「スペインオープン」でタイトル防衛に臨む。

1年前、PGAカタルーニャリゾートでリチャード・グリーントーマス・ピータースをプレーオフの末に退けて、27回目の挑戦にして初めてナショナルオープンを制したヒメネスは、ヨーロピアンツアー史上初めて50歳以上で優勝を果たした選手となった。

1月に51歳の誕生日を祝ったヨーロピアンツアー21勝のヒメネスは、バルセロナ近郊のレアルGCエル・プラトでタイトル防衛を果たし、自身の持つヨーロピアンツアー最年長優勝記録を更新したいと考えている。

「スペインオープン」での連覇達成は62年前まで遡ることになるが、ヒメネスはレアルGCエル・プラトで開催された1999年大会でもヤルモ・サンデリンに次ぐ2位に入っており、今回は地元ギャラリーの大きな声援を背に、セルヒオ・ガルシアをはじめとする手強い同胞選手たちの挑戦を受けることになる。

2002年にこの大会を制した世界7位のガルシア、そして2010年大会を制した同じくスペインのアルバロ・キロスの2人は、ヒメネス同様、20年前にレジェンドのセベ・バレステロスが大会3勝目を飾って以来となる、スペイン人選手による「スペインオープン」での複数回優勝を狙っている。

前回この大会がレアルGCエル・プラトで開催された2011年大会では、南アフリカのトーマス・エイケンが優勝を飾っており、彼は先週の「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」で4位に入った好調そのままに今大会に臨むことになる。

4年前のエイケンによる勝利は、彼にとってヨーロピアンツアー初優勝となり、彼はその勝利を大会開催中の週末に長きにわたった癌との闘病の末に他界したレジェンドのセベ・バレステロスの思い出に捧げたのだった。

以降、2012年の「アバンサマスターズ」、そして2013年の「アフリカオープン」と、更に2勝を重ねた31歳のエイケンは、大躍進を遂げた地への再訪を喜んでいる。

「あれは僕のヨーロピアンツアー初優勝だったし、セベ・バレステロスが亡くなる中、スペインで開催された大会とあって、とてもエモーショナルな週だった」とエイケンは振り返る。「彼はゴルフ界にとってとてつもないアンバサダーだった。スペインにとってというだけでなく、欧州全体、そして世界全体にとって大きな存在だった。あの週は皆が涙したから、僕にとってエル・プラト再訪は、良い思い出と悪い思い出の両方が交錯するんだ」。

「とはいえ、勝ったコースを再訪するのは常に良いものだ。そこでの思い出を反映させることができるからね。楽しみにしているよ。先週は良いパフォーマンスを見せることができたし、この先は大きな大会が控えているからね」。

「スペインオープン」は、来週以降、イングランドでの「BMW PGA選手権」から、北アイルランド、スウェーデン、そしてオーストリアと続く欧州本土5連戦の幕開けとなる。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~