ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

仕事か趣味か 石川遼×渋野日向子にとってのゴルフとは

これまでも何度か口にしてきた。渋野日向子にとって、ゴルフは「仕事です」。他のスポーツでは小学2年生でチームに入ったソフトボールへの愛をいまも貫き、プロゴルファーという身分はあくまで社会人としての肩書そのもの。テレビ朝日系列で26日(日)放送の「石川遼×渋野日向子ドリームマッチ」でも、はっきりと語った。

一方で石川は、「仕事とは思っていない」という。プロゴルファーになったのが13年前、高校1年生だった2007年1月。プロとして過ごしてきた時間はもう人生の半分近いが、心持ちはアマチュア時代とそれほど変わっていない。

<< 下に続く >>

ファンの声援、活動を支えてくれる多くのスポンサー企業に感謝の念が堪えないが、「どうして好きなことをやってばかりの自分なんかに…」と不思議に思うことすらある。

ただし、2人の捉え方は正反対のようで、そうとも限らない。歴史的快挙になった2019年の「AIG全英女子オープン」。メジャー制覇を遂げた直後の公式会見で、渋野は「ゴルフ以外の時間はどう過ごしているか?」と問われ、「お菓子を食べたり、寝たり。本当に…あ、ソフトボール。好きな芸能人のYouTube。そんな感じです」と返答した。部屋でのゲームも好きだけど、それらすべてが“趣味”だとも思わない。

「仕事と捉えているんですけど、結局、ゴルフ以外に趣味ってないんですよね」と渋野は笑う。空き時間に考えるのは、今のところまずゴルフ。「勝手に体が動いちゃってます」。彼女の場合、そもそも、趣味ってなんだ…? という疑問に立ち返ることになる。

おすすめ記事通知を受け取る

「笑顔」をキーワードに繋がる2人のスペシャルマッチがテレビ朝日の放送で実現!対談の様子、収録時の番外エピソードを本編よりいち早くお届けします。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!