ニュース

米国シニア全米シニアプロ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全米シニアプロ選手権
期間:05/23〜05/26 オークヒルCC(ニューヨーク州)

米シニアデビューの手嶋多一は18位 神戸出身のケン・タニガワが優勝

◇海外シニアメジャー◇全米シニアプロ選手権 最終日(26日)◇オークヒルCC(ニューヨーク州)◇6896yd(パー70)

海外シニアメジャーに初出場した50歳の手嶋多一は3ボギーの「73」でプレーし、通算8オーバーの18位で終えた。

優勝したのは51歳のケン・タニガワ。3位から出て3バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算3アンダーとしてプロ2勝目をシニアメジャーで飾った。

タニガワは神戸出身で、カリフォルニア州で育った。カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)を1990年に卒業後、プロ転向したが、目立った活躍はなかった。米ツアーの出場は3戦で、すべて予選落ちした。2003年には下部のウェブドットコムツアーを主戦場としたが、22戦のうち18戦で予選落ちを喫した。その後はプロツアーから遠ざかっていた。

2018年に米シニアツアーの予選会を受け、復帰。同年9月の「ピュアインシュランス選手権」でプロ初勝利を挙げた。

鈴木亨は通算15オーバーの52位で終えた。

※編注:当初、ケン・タニガワは初勝利として配信しましたが、昨年シニアツアーで優勝していました。訂正いたします。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全米シニアプロ選手権

  • 2019/05/23~2019/05/26
  • 賞金総額:3,250,000US$
  • オークヒルCC(ニューヨーク州)



特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。