ニュース

国内男子アジアパシフィックオープン選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

歳を重ねてなお盛ん 手嶋多一はシード奪還&シニアメジャーに挑戦

2019/05/09 19:12


◇国内男子◇アジアパシフィックオープン選手権ダイヤモンドカップゴルフ 初日(9日)◇総武カントリークラブ 総武コース (千葉)◇7327yd(パー71)

コンディションが難しいときこそが、腕の見せどころだ。平均5.1m/sの強風に打たれながら、50歳の手嶋多一が「69」で2アンダー4位タイスタートを決めた。4月のシニアツアーデビュー戦でさっそく優勝、2週後には海外のシニアメジャーを控えるベテランは元気いっぱいに好発進した。

出だし10番で3mのパーパットを沈め、安堵(あんど)した手嶋は3バーディ、1ボギーと静かにコースを攻略した。「硬いグリーンであればあるほどいい。風も大好き。いろいろ考えて打つのがいい。飛距離もあまり意味をなさない」。ドローボールを得意とし、当地に多い右ドッグレッグのホールではティショットで3Wを握ることを徹底。「5、6ホールは3W」とフェアウェイキープを重視した。

今季シニア入りした一方で、あくまで目標はレギュラーツアーのシード奪回にある。シニア初戦の「金秀シニア 沖縄オープン」を制して、意気揚々と翌週のレギュラーツアー国内初戦「東建ホームメイトカップ」に臨んだが、「(優勝は)弾みにならなかった」そう。年下の飛ばし屋たちとプレーして「2Iと自分の1Wショットの距離が変わらないんだから!」と笑う。ここはパワーではなく、長い競技生活で培った技と経験を生かす場所だ。

レギュラー中心のスケジュールを組みつつも、2週後には「全米シニアプロ選手権」(5月23日~、ニューヨーク州・オークヒルCC)に出場するため米国に渡る。2013年大会を制した井戸木鴻樹のほか、鈴木亨谷口徹とともにエントリー。「フレッド・カプルスベルンハルト・ランガー…。メンバーがスゴい。どういうゴルフをするのか楽しみ」。年を重ねてなお盛んだ。(千葉県印西市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 アジアパシフィックオープン選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。