ニュース

米国シニアチャールズ・シュワブシリーズatオザークナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 チャールズ・シュワブシリーズatオザークナショナル
期間:08/24〜08/26 場所:オザークナショナルゴルフクラブ(ミズーリ州)

352ヤードを1オンイーグル ミケルソンがシニア初戦で初優勝

◇米国シニア◇チャールズ・シュワブシリーズatオザークナショナル 最終日(26日)◇オザークナショナルゴルフクラブ(ミズーリ州)◇7036yd(パー71)

チャンピオンズツアー初参戦のフィル・ミケルソンが、その初戦を初日から首位を守る完全優勝で締めくくった。大会最終日は1イーグル5バーディ、2ボギーの5アンダー「66」。通算22アンダーとして、2位に4打差をつけて完勝した。

<< 下に続く >>

5番(352ヤード/パー4)では、1Wで1オンに成功してイーグル奪取。「バンカーを超えるのにキャリーで323ヤード必要で、軽い追い風だった。あのパットを決めることができて、勢いに乗れた」とミケルソン。それでも「良いところもあったし、修正しないといけないところもあった」と、3週間後に迫った「全米オープン」を見据えている。

「1週間半のオフを挟んで、山火事が問題なければナパ(セーフウェイオープン)でプレーしたいと思っている。大会が中止にならないことと、人々の安全を祈っているよ。そこで、全米オープンに向けた準備を整えたい」。ミケルソンにとってはキャリアグランドスラムが懸かる大事な一戦が待っている。

通算18アンダーの2位にはティム・ペトロビッチ、通算16アンダーの3位にケビン・サザーランド、通算15アンダーの4位にロバート・カールソン(スウェーデン)、通算14アンダーの5位にロッコ・メディエイトスティーブ・ストリッカーが続いた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 チャールズ・シュワブシリーズatオザークナショナル




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!