ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全英リコー女子オープン
期間:08/02〜08/05 場所:セントアンドリュース オールドコース(イングランド)

L.オチョアが早くも全開! 宮里藍は3打差の暫定4位タイにつける!

海外女子ツアーのメジャー最終戦「全英リコー女子オープン」が8月2日(木)、スコットランドにあるセントアンドリュースオールドコースで開幕。その初日は、全体的な進行が遅れたために日没サスペンデッドとなり、6名がホールアウトできず。そんな中、ロレーナ・オチョア(メキシコ)が6アンダーでホールアウトし、暫定単独首位に躍り出た。

オチョアは6バーディ、ノーボギーでラウンドし、"ゴルフの聖地"と称されるセントアンドリュースを早くも掌握。これまで輝かしい実績を残しながらもメジャーは未勝利というジンクスを、今度こそ打ち破ることが出来るだろうか。

<< 下に続く >>

4アンダーの暫定2位タイには、L.フライバーグ(スウェーデン)とI.B.パーク(韓国)。続く3アンダーの暫定4位タイに、ショットとパットが噛み合った宮里藍と、R.ハドソン(イギリス)の2人がつけている。

日本勢は宮里を含む全員がホールアウトしており、上田桃子はイーブンパーの暫定21位タイと上々の滑り出し。不動裕理は1オーバーの暫定36位タイ、佐伯三貴は3オーバーの暫定69位タイ。横峯さくら大山志保は、共に4オーバーの暫定82位タイと出遅れた。

有力選手では、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)が完全復活を予感させる1アンダーで、ディフェンディングチャンピオンのシェリー・スタインハワーと並び暫定10位タイ。ミッシェル・ウィはショットの曲がりがおさまり好調なプレーを続けていたが、バックナインで3ボギーを叩くなどし、ポーラ・クリーマー朴セリらと並びイーブンパーの暫定21位タイとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!