ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/29〜04/01 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

宮里藍は14位タイに急浮上! 朴セリが首位タイに並ぶ

カリフォルニア州、ミッションヒルズCCで行われる米国女子ツアーメジャー第1戦「クラフトナビスコチャンピオンシップ」の3日目。韓国出身の朴セリスーザン・ペターセン(ノルウェー)が通算4アンダーで首位に並んだ。

メジャー使用に設定された超高速グリーンが阻む高い壁。スコアを落とす選手が続出する中、6度目のメジャータイトルを狙う朴セリがこの日「70」をマークし、首位タイに並んだ。4大メジャーのうち、今大会だけ優勝がない朴セリ。是が非でも手にしたい大会初制覇に向け、絶好の位置で最終日を迎える。

<< 下に続く >>

そして、この日のベストスコアとなる「69」をマークしたのが宮里藍。37位タイからスタートした宮里は、4バーディ1ボギーをマークし、首位と6打差となる通算2オーバー14位タイに急浮上した。横峯さくらも「71」と、3日目にして初のアンダーパーをマーク。通算7オーバーとし、57位タイから38位タイに浮上している。不動裕理はスコアを3つ落とし、通算8オーバーの42位タイ。大山志保もスコアを5つ落とし、通算12オーバーの63位タイとしている。

首位タイからのスタートとなったポーラ・クリーマーは、この日「73」として首位と1打差、通算3アンダーの3位タイに後退。同じく首位タイスタートのロレーナ・オチョア(メキシコ)は、17番パー3で「7」を叩くなどスコアを5つ落とし、通算1オーバーの12位タイ。メジャー初制覇に黄信号が灯る結果となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!