ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/29〜04/01 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

今日の大山志保/ショット修正へのトンネルは長く・・・さらに順位を落とす

2007/04/01 09:00


初日「76」、2日目「75」と、まだまだ国内賞金女王の実力を発揮しきれていない大山志保。左へ曲げてしまうショットの調整がうまくいかず、悪戦苦闘の日々が続いている。そして迎えた決勝ラウンド。10番スタートの大山は、この日も思い通りのプレーができないホールが続く。

この日は、左への曲がりを抑えるため昨日までのドライバーを替えて臨んだが、「左(への曲がりは)は昨日よりなくなったけど、色々考えすぎですね」と話す通り、左を意識しすぎてか10番のティショットを右ラフに入れてしまい、ボギースタートを切る。続く11番パー5でもラフに入れて連続ボギーとすると、13番パー4でも左ラフに叩き込んでボギーに。その後もボギーを2つ叩き、バーディを1つも獲れないままホールアウト。3日間で自身ワーストとなる「77」を叩き、通算12オーバーの63位タイと順位を落とす結果となった。

ホールアウト後、「ティショットでフェアウェイをキープできていないのがやっぱり・・・。パットもここっていうところで決められなくって・・・」と意気消沈気味の大山。それでも、「昨年のいい時はスイングのことは考えず、ターゲットに向かって振り切るってことだけをやっていたのに、それを見失っていました。それに気付いた後半は大分良くなってきましたね」と、少なからず手ごたえを感じている様子。「アプローチがうまくいっているので、明日はとにかくアンダーで回りたいですね」と、最終日に向けての巻き返しを図っていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。