ニュース

米国女子P&G ビューティ NW アーカンソークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍は4位タイでフィニッシュ! 優勝はS.H.リー

アーカンソー州にあるピナクルCCで開催されている、米国女子ツアー第18戦「P&Gビューティ NWアーカンソークラシック」の最終日。激戦を制したのは、通算15アンダーに伸ばしたS.H.リー(韓国)。宮里藍は2ストローク及ばず、4位タイで大会を終えた。

前日の残りラウンド2ホールを連続パーとし、首位と3打差の6位タイで最終ラウンドを迎えた宮里藍は、逆転優勝へ向けて連続バーディ発進。その後4番でボギーを叩くも、6番でバーディを取り返し、通算11アンダーで前半終了。後半は13番から連続バーディをマークして一時は首位に1打差まで迫ったが、追い上げもここまで。通算13アンダーで、アンジェラ・パーク(ブラジル)らと並び、今季自己最高となる4位タイで大会を終えた。今後の戦いに大いに期待したい。

大きく順位が入れ替わった今大会、最後に笑ったのはS.H.リーだった。前日未消化だった17番ホールでバーディを奪い、首位に並んで最終ラウンドを迎えたこの日、スタートホールでバーディを奪うと、7番でイーグル。そして、最終ホールでは、見事にバーディを決め通算15アンダー。今季2勝目を手にしている。S.H.リーに続いたのは、終盤まで首位を走っていたミーナ・リー(韓国)と、猛烈な追い上げを見せたジェーン・パーク(韓国)。共に通算14アンダーでフィニッシュしている。

通算2アンダーで最終ラウンドを迎えた上田桃子は、インの前半を、3バーディ、1ボギーで折り返す。アウトの後半は、立ち上がりボギーを叩くも、6番から連続バーディを決めるなどして、通算6アンダーまで伸ばす。しかし、ラスト2ホールで連続ボギーを叩いてしまい、通算4アンダーの43位タイでフィニッシュ。この悔しさを次の大会にぶつけてほしい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 P&G ビューティ NW アーカンソークラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。