ニュース

米国女子P&G ビューティ NW アーカンソークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

課題はアプローチ! 上田桃子は43位タイで終える

2008/07/07 09:30


「P&Gビューティ NWアーカンソークラシック」の第2ラウンドの残りを終え、上田桃子は通算2アンダーの56位タイで予選を突破。約1時間後に行われた最終ラウンドに臨んだ。

10番ティからスタートした上田は、13番でラフからの2打目をピンに絡めるスーパーショットで、幸先よくバーディを奪取。その後16番でもバーディ、17番ではボギーを叩くが、直後の18番でも2メートルのバーディパットを沈め、前半で2ストローク伸ばす好調なプレーを見せる。

1番パー4をボギーとしたものの、2番パー5の3打目を2.5メートルにつけてバーディ。すると、6番パー3のティショットをピン右下3メートル、 7番パー5でも3打目を1.5メートルにつけ、連続バーディを奪う。しかし、8番、9番とティショットをラフに打ち込むと、アプローチ、パットでリカバリーし切れずに連続ボギー。悔しさのつのるフィニッシュとなり、通算4アンダーの43位タイで大会を終えた。

「パットは気持ち良く打てていたのですが、アプローチがぜんぜんダメ。ショートゲームでミスが多すぎます」と、今週伸び悩んだ要因を挙げた。「スコアを出すにはアプローチの技術を上げなくてはいけませんね。こんなにボギーを出していては…」と上田。「状況判断も悪いですし。来週はアプローチを考えながらプレーしたいと思います」と、まずはアプローチのスキルアップを目指し、崩れないゴルフスタイルを構築することが課題となりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 P&G ビューティ NW アーカンソークラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。