最近のニュース 新着一覧≫


2018/07/22全英オープン

「全英オープン」最終日組み合わせ

(18:45) スチュワート・シンクトーマス・ピータース 10:55(18:55) ジュリアン・スリリー・ウェストウッド 11:05(19:05) マーク・レイシュマントム・ルイス 11:15(19
2018/06/11全米オープン

「全米オープン」最終ラウンド組み合わせ

・ナエジェル昊桐 11:17(0:17) マット・パージャル (a)スティーブ・ストリッカー 11:28(0:28) ブラント・スネデカージョナサン・ベガス 11:39(0:39) ラファ
2019/02/04ヨーロピアンツアー公式

サウジ大会の初代優勝者はDJ「王者になれて光栄」

イングランドのトム・ルイスが入り、さらに1打差の4位にはミンウ・リーが続いた。 最終ラウンドの戦いは、2番で1.8mのパットを沈め、同ホールで4日連続となるバーディを奪ったジョンソンがに先制パンチをお見舞い
2019/03/02ザ・ホンダクラシック

イム・ソンジェが首位浮上 小平智は予選落ち

に地元のブルックス・ケプカ、日本ツアー2勝の・キョンフン(韓国)、ダニー・リー(ニュージーランド)ら9人が続いた。 首位で出たジョナサン・ベガス(ベネズエラ)は通算3アンダーに後退し、セルヒオ
2018/11/12ヨーロピアンツアー公式

45歳のウェストウッド サンシティで涙の復活優勝

最終日に圧巻の「64」をマークした45歳のリー・ウェストウッドが「ネッドバンクゴルフチャレンジ」を制覇し、シーズン8試合が組まれた高額賞金大会の「ロレックスシリーズ」初優勝を果たした。 首位の
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

・クーチャー マーク・レイシュマン 昊桐 ロリー・マキロイ アレックス・ノレン マシュー・サウスゲート ジョーダン・スピース 4:2018年第21週時点の世界ランキング上位50人 アン・ビョンフン
2019/01/25オメガドバイデザートクラシック

谷原秀人が10位発進 宮里優作は出遅れる

)ら8人が続いた。 谷原秀人は5バーディ、ボギーなしの「67」でプレーし、5アンダーの10位スタート。前年覇者の昊桐(中国)、イアン・ポールター、リー・ウェストウッド(ともにイングランド)ら9人が同
2018/11/04TOTOジャパンクラシック

畑岡奈紗が米ツアー2勝目 4打差を逆転

で追い上げたが、2007年、11年に続く大会3勝目には届かなかった。 2位スタートの小祝さくらは「73」と1つ落とし、通算9アンダーの8位タイ。同じ最終組で単独首位から出たミンジー・リー
2018/09/30トップ杯東海C

アンジェロ・キューが逆転で初優勝 池田勇太は8位

なしの「66」で回り、通算17アンダーで逆転しツアー初優勝を挙げた。39歳のキューはアジアンツアーで通算3勝を挙げている。 ウォンジョン・リー(オーストラリア)とY.E.ヤン(韓国)が通算15アンダーの
2018/08/03全英リコー女子オープン

比嘉真美子が1打差2位発進 畑岡奈紗は出遅れ102位

「66」で回り、首位のミンジー・リー(オーストラリア)と1打差の6アンダーで2位発進を決めた。 日本ツアーを主戦場にするテレサ・ルー(台湾)のほか、パク・ソンヒョン、・ミヒャン(ともに韓国
2017/11/13ヨーロピアンツアー公式

“アメージング・グレース”がサンシティで戴冠

9アンダーの3位で大会を終え、4位には最終日に今週の最少スコアとなる「64」をマークした中国の昊桐(リー・ハオトン)が入り、5位にはメジャー2勝のマルティン・カイマーが続いた。 この日、全18ホール
2017/11/26カシオワールド

近藤共弘、星野英正、深堀圭一郎らがシード喪失

た」と、痛みを抱える左ひじの状態も見ながら参戦を決める。(高知県芸西村/桂川洋一) <賞金シード喪失選手> ・キョンフン、小池一平、近藤共弘、市原弘大、矢野東(特別保障制度適用)、小林伸太郎、小田
2017/07/03ヨーロピアンツアー公式

フリートウッド パリで年間賞金ランクトップに躍り出る

。 通算7アンダーの6位にはニュージーランドのライアン・フォックスが入り、さらに1打差の7位タイにはイングランドのロス・フィッシャー、中国の昊桐、スペインのアドリアン・オタエギ。通算5アンダーで、スウェーデンのアレックス・ノレン、スペインのホン・ラーム、そしてイングランドのリー・ウェストウッドが続いた。
2017/07/24ヨーロピアンツアー公式

数字で振り返るジョーダン・スピースの「全英」制覇

)、リー・トレビノ(1971)、そしてゲーリー・プレーヤー(1974)がこれを達成している。 ・「45」―メジャーで3勝以上挙げた選手は、スピースで45人目。 ・「63」―昊桐による最終日の6アンダーは
2017/04/25ヨーロピアンツアー公式

ボルボ中国オープンの大会アラカルト

2016年大会を振り返る 昨年は、トップウィンG&CCに駆けつけた地元ファンを大いに沸かせた昊桐(リー・ハオトン)が最終日「64」をマークし、「ボルボ中国オープン」での中国人選手による大会連覇を
2017/05/19ヨーロピアンツアー公式

ホーイ&セーデルベリがシチリアでロケットスタート

バーディを加え、一方、クルーガーは1ボギーながら「63」をマークした。 7アンダーのグループには、デービッド・ホーシーとリー・スラッテリーのイングランド人コンビ、ポルトガルのジョゼ・フィリペ・リマ、中国の
2017/05/30ヨーロピアンツアー公式

ウォルトンヒースで輝いたライが全米デビューを確定

を「64」でラウンドし、通算14アンダーとして1打差で優勝した。 一方、ライと同じく、第2ラウンドを8アンダーで回った中国の昊桐(リー・ハオトン)は通算13アンダーの単独2位で大会を終え、こちらも