ニュース

米国女子P&G ビューティ NW アーカンソークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

4位タイで終えた宮里藍、「優勝は時間の問題」

2008/07/07 11:13


前日に消化できなかった「P&Gビューティ NWアーカンソークラシック」第2ラウンドの残り2ホールを連続パーで終え、首位と3打差の通算9アンダー、6位タイで最終ラウンドを迎えた宮里藍。ツアー初勝利に向け、宮里は絶好のスタートを切る。

1番パー4で4.5メートル、2番パー5ではグリーン奥のラフから放った4打目を直接ねじ込み、連続バーディ発進。この日の意気込みを示すかのように、早々とガッツポーズが飛び出した。4番ではボギーを叩くが、6番パー3では8メートルのバーディパットを沈め、すぐに流れを引き戻す。すると、13番パー5では果敢に狙った2打目がグリーンをとらえ、2オンに成功。イーグル逃しのバーディを奪うと、続く14番パー5でも2.5メートルを沈めて連続バーディ。首位に肉薄し、終盤戦を迎えた。

15番、16番と8メートルほどのバーディチャンスを逃し、首位と1打差で迎えた17番パー3。スコアボードで自分の位置を確認し、放たれたティショットはピン下5メートルにナイスオン。しかし、このパットは無情にもあと一転がりで止まり、「打ち切れなかった。本当に悔しかった」と惜しくもパー。最終18番もパーで終えた宮里は、最終的に2ストローク及ばず、惜しくもツアー初勝利を逃す結果となった。

「悔しいですね」と話す宮里だが、その表情には充実感が漂っているよう見えた。「今週は90点。今シーズンで一番の戦いができました」との言葉からも、宮里の充実ぶりがうかがえる。「今は優勝へのイメージが変わりつつありますね。以前は焦りもあって、優勝が遠くなったり近くなったりしていましたが、今は確実に近づいていると思います」。そして「あとは、時間の問題だと思います」と締めた宮里。来週は1週間休みを取り、「ステートファームクラシック」(7月17日~)に出場する。体力、気力ともに充実した状態で迎える次戦に、高い期待が寄せられる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 P&G ビューティ NW アーカンソークラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。