ニュース

米国女子フィールズ・オープンin Hawaiiの最新ゴルフニュースをお届け

茂木宏美が9位タイに浮上! 上田は予選突破、藍、さくらは予選落ち

ハワイ州にあるコオリナGCで行われている、米国女子ツアー第2戦「フィールズオープン」の2日目。単独首位からスタートしたジャン・ジョン(韓国)が連日の好スコアをマーク。通算12アンダーとし、単独首位の座を堅守して最終日を迎える。

通算11アンダーの単独2位には、この日のベストスコア「64」を叩き出したS-H.キム(韓国)。通算10アンダーの単独3位には、ポーラ・クリーマーが追走。「優勝争いをする位置でプレーしたかったので、そのグループに入れて嬉しい」と、逆転勝利をかけて明日の最終日に挑む。開幕2連勝を狙うアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は、通算8アンダーの5位タイに浮上。全盛期の強さを彷彿とさせるプレーを続けている。

日本勢では、初日5位タイと好スタートを切った古閑美保が、「グリーンが全然ダメで、出遅れてしまった」と、この日はスコアを伸ばすことが出来ずにパープレーのラウンド。通算4アンダーの29位タイに後退した。代わって日本人トップに躍り出たのが、「今日はノーボギーが目標だった」との言葉通り4バーディ、ノーボギーとした茂木宏美。通算7アンダーとし、16位タイから9位タイへ躍進している。また、62位タイと予選落ちも危ぶまれていた上田桃子は、上がり2ホールを連続バーディで締めるなど、佐伯三貴と並ぶ通算3アンダーの33位タイにジャンプアップ。開幕から2戦連続の予選突破を果たした。さらに、ハワイ在住のアマチュア金子絢香ミッシェル・ウィと並ぶ通算2アンダーの42位タイとし、見事に決勝ラウンド進出を決めている。

対して、飯島茜は「76」を叩き、31位タイから通算2オーバーの86位タイに急落。悔いの残る予選落ちとなった。また、横峯さくらは前半の3連続ボギーなどが響き、通算4オーバーで予選落ち。宮里藍も見せ場を作ることができず、通算5オーバーの125位タイ。開幕から2戦連続の予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 フィールズ・オープンin Hawaii




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。