ニュース

米国女子フィールズ・オープンin Hawaiiの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、目の前の一打に四苦八苦

2008/02/23 17:30


米国女子ツアー第2戦「フィールズオープン」2日目。通算2オーバーから上位を目指しスタートした宮里だが、この日もゴルフが噛み合わない。

「1番パー5のティショットから良いショットが打てて、バーディが来れば良い流れで行けたんだけど…」というが、3打目をピンに絡められずに2パットのパーとすると、徐々にショットが曲がりだし、3番、4番と連続ボギーを叩いてしまう。

6番では、強めにヒットした10mのロングパットがカップのふちに当たって入るラッキーバーディを奪ったが、8番でボギーを叩くと、10番ではティショットを右の池に入れてダブルボギー、11番でバーディを取り返すが、続く12番パー3でパーオン出来ずに再びボギーと、ボギー先行の悪い流れを止められなかった。結局この日は「77」で回って通算7オーバー、2週連続の予選落ちとなってしまった。

「ところどころ曲げたけど、昨日よりは良い感じ」というショット。パッティングも「修正ポイントが分かったので、試合をこなせば良くなると思う」と、それぞれのパートではある程度の回復・成長は掴んだようだ。

それでも、コースマネージメントや流れを作るといった、1ショット1ショットをこなす以外のゲームプランまで気が回っていないのが現状だ。囲み取材終了後のほっとした瞬間に、宮里が本音を漏らした。「いやー、今日暑かったですね~。暑かったけど、日傘を差す余裕がなかった!(笑)」

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 フィールズ・オープンin Hawaii




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。