ニュース

米国女子ノーステキサスLPGAシュートアウトの最新ゴルフニュースをお届け

上原が21位に浮上 17歳ヘンダーソン首位 横峯、有村、野村は予選落ち

◇米国女子◇ノーステキサスLPGAシュートアウト 2日目◇ラスコリナスCC(テキサス州)◇6462yd(パー71)

首位と3打差の23位から出た17歳のブルック・ヘンダーソン(カナダ)が、6バーディノーボギーのベストスコア「65」をマークし、通算8アンダーとして首位に躍り出た。

2位には、ヘンダーソンと同様2アンダーからスタートした昨年覇者の朴仁妃(韓国)と、初日首位だった54歳の大御所ジュリ・インクスターが通算7アンダーで並んでいる。

日本勢では、56位から出た上原彩子が4バーディ1ボギーと3ストローク伸ばし、首位と5打差の通算3アンダー、21位に浮上した。

横峯さくらは「74」をたたき通算2オーバーの71位、カットラインに1打足りず予選落ちした。

今季米ツアー初戦の有村智恵は「75」と崩れ、通算3オーバーの87位。野村敏京もスコアを伸ばせず、通算5オーバーの103位で、いずれも予選を突破できなかった。

前週優勝した世界ランキングトップのリディア・コー(ニュージーランド)はスコアを3つ伸ばしたものの、通算1オーバーの62位。3日目にセカンドカットが行われるため、50位タイまで上昇できなければ、2014年の米ツアー本格参戦以来、初めて決勝ラウンドに進めなくなる。

関連リンク

2015年 ノーステキサスLPGAシュートアウト




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~