ニュース

米国女子LPGA KEB・ハナバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

コーが7打差を追いつき単独首位へ 宮里美香が19位に浮上

◇米国女子◇LPGA KEB・ハナバンク選手権 2日目◇スカイ72GC(韓国)◇6364yd(パー72)

16位から出たリディア・コー(ニュージーランド)が7バーディ、ノーボギーラウンドにまとめる「65」をマークし、通算10アンダーの単独首位に浮上。スタート時にあった7打差のビハインドを一気に消し去り、今季5勝目へ大きな前進を遂げた。

<< 下に続く >>

通算9アンダーの2位に、この日「67」をマークしたレクシー・トンプソンが9位タイから浮上。4打差リードの単独首位から出たパク・ソンヒョン(韓国)は3バーディ、5ボギー「74」と2つ落とし、チョ・ユンジ(韓国)と並び通算8アンダーの3位に後退した。

通算7アンダーの5位にヤニ・ツェン(台湾)とイ・ミリム(韓国)。さらに1打差の7位に、ミンジー・リー(オーストラリア)、フォン・シャンシャン(中国)、モリヤ・ジュタヌガン(タイ)ら6選手が続く。

3選手が出場する日本勢は、この日「69」とした宮里美香が通算4アンダーとし、31位から19位に上げて最上位。横峯さくらは通算1アンダーの39位、宮里藍は通算1オーバーの53位で2日目を終えた。今大会は予選落ちが設けられていない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 LPGA KEB・ハナバンク選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!