ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら 2打差で惜敗「米国での経験生きた」

2015/09/20 19:29


国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」最終日。2打差を追う横峯さくらは5バーディ、1ボギー「68」と伸ばしたが、優勝スコアに2打届かない通算10アンダーの4位タイで終戦。今季3戦目での国内ツアー優勝を惜しくも逃した。

16ホールを終えて5バーディ、ノーボギー。終盤まで大混戦の上位争いに加わり続けた。後半15番(パー5)では2mのチャンスを決めて通算11アンダーとし、4人が並んだ首位の一角に名前を載せる。勝敗を分けたのは17番。残り96yd、フェアウェイから56度のウェッジで打った2打目はピンをオーバーしてグリーン奥のラフへこぼれ、3打目を寄せきれずに手痛いボギーとした。

「アゲンストと思った風が、あまり吹いていなかった。その後に、しっかりリカバリーできなかったのがあと1歩のところ」。約10ydから2.5mショートさせたアプローチミスを悔いた。

惜敗に終わりはしたが、日米ツアーを含めて久々の優勝争いは手応えも残した。「優勝争いの中でカップをオーバーさせていたし、褒められるところも多かった。アメリカでの経験も、多少は生かされているのかな、と思った」。今週のテーマの1つでもあった強気のパットへの評価は、自らを納得させるものだった。

1週間の休養を挟み、国内メジャー第3戦「日本女子オープン」に出場予定。主戦場とする米ツアーへの復帰は、その翌週のマレーシア開催競技「サイム・ダービーLPGAマレーシア」になる見込みだ。(愛知県美浜町/塚田達也)

関連リンク

2015年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~