ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:04/02〜04/05 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州、ミッションヒルズCC)

横峯、不動が上位を狙える位置で最終日へ! 藍、桃子は振るわず

米国カリフォルニア州にあるミッションヒルズCCで行われている米女子メジャー開幕戦「クラフトナビスコ選手権」の3日目。強風が吹き荒れた前日とはうって変わり、穏やかな晴天に恵まれたが、固く締まったグリーンと端々に切られたピン位置がプレーヤーに立ちはだかり、全体的に伸び悩む展開となった。

その中で首位タイスタートのクリスティ・マクファーソンが2つスコアを伸ばし、通算8アンダーで単独首位に。ツアー初勝利、そしてメジャー初勝利に王手をかけて最終日を迎える。通算7アンダーの単独2位にクリスティ・カー、通算6アンダーの単独3位にブリタニー・リンシコムが続き、ビッグタイトルを巡る熾烈な争いが続いている。

<< 下に続く >>

4人が決勝ラウンドに進出した日本人プレーヤーでは、18位タイからスタートした横峯さくらが2バーディ、4ボギーの「74」。通算3オーバーの20位タイに一歩後退したが、日本人最上位の位置につけている。序盤でスコアを崩す展開となったが、「まだハーフもあるし、明日もあると思い気持ちを切り替えられた」と、その後は安定感を取り戻した。

31位タイスタートの不動裕理は、ハードセッティングの中で1バーディ、2ボギーと安定したプレーを見せ、通算4オーバーの30位タイに浮上。「私の飛距離だとピンを直接狙うのは無理なので、安全に攻めた」というコースマネジメントが奏功した形だ。上田桃子は通算7オーバーの43位タイ、宮里藍は通算11オーバーの60位タイに後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!