ニュース

米国女子ウェグマンズ・ロチェスターインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

大量リードでL.デービースが余裕の勝利。

2001/06/11 09:00


米国女子ツアー「ウェグマンズ・ロチェスターインターナショナル」最終日。2位5打差でスタートしたL.デービースが、前半2バーディ、1ボギーで折り返すと、2位以下の選手がスコアを伸ばせなかったのでラクラク逃げ切り。最終ホールのダブルボギーもご愛嬌、2位に3打差で13ヵ月ぶりに米ツアー通算20度目の栄冠を手にした。

2位にはM.ヨースとW.ウォード。3週前に行われたチャンピオンズクラシックでプレーオフの末W.ドーランに敗れたウォードは、前半を2バーディ2ボギーで折り返すが、後半に入るとバーディを5つ奪い11位から2位に浮上した。

<< 下に続く >>

最終日を2位タイで迎えたM.ヨースはイーブンパーのラウンドでデービースを苦しめることはできなかった。同じく2位スタートのB.バートンもスコアを1つ落としてしまった。急浮上したウォードを含め今週も米国勢が優勝することはできなかった。

最近はA.ソレンスタムK.ウェブ朴セリなど若手が目立っていたが、ベテランデービース復活はツアーをさらに盛り上げる要素になる。再来週に行われる今シーズンのメジャー第3戦「全米女子プロ選手権」ではデービースらベテラン勢の奮起にも期待がかかる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ウェグマンズ・ロチェスターインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!