ニュース

米国女子ロングスドラッグスチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ロングスドラッグスチャレンジ
期間:04/18〜04/21 場所:トゥエルブ・ブリッヂスGC(カリフォルニア州)

粘った! 初日から首位を守ったC.カーがツアー初優勝

2002/04/22 09:00


米国女子ツアー「ロングズドラッグ チャレンジ」は、初日66をマークし首位に立ったC.カーが4日間首位をキープし、ツアー6年目にして初優勝をあげた。

2日目はイーブンパーでスコアを伸ばせなかったカーだが、3日目に再び5ストローク伸ばし2位に5ストローク差で最終日を迎えた。

<< 下に続く >>

そのまま独走するかとも思われたが、さすがに初優勝のプレッシャーか、最終日のカーはボギーが先行してしまった。5番、そして7番でもボギーを叩き9アンダー。11番でバーディを奪い再び2桁の10アンダーに戻しこの時点ではまだ余裕があった。しかし、15番でティショットをハザードに打ち込みダブルボギーを叩いてしまった。

2位争いをしていた韓国のH-W ハンが、16番でこの日3つ目のバーディを奪い、あっという間に8アンダーで並んでしまった。7アンダーで回っていたH.ボウイにも逆転のチャンスが巡ってきた。

カーと同じ最終組でラウンドしたJ.クラフターも2打差に迫ったのだが、クラフターは17番でボギーを叩き一足早く脱落。

そして、首位で並んだハンもティグラウンドでリーダーボードを確認してしまったのか、それまで安定していたティショットを左サイドに曲げてしまった。このトラブルが致命傷になりボウイと共にボギーを叩いてしまった。

スコア3つ落として迎えた最終18番ホールで、初優勝がかかっている状況だが、カーは落ち着いていた。50センチのパーパットを慎重に沈めた。今シーズンのカーはピン・バナーヘルス、そしてメジャー第1戦のナビスコ選手権で3位に入る好調なゴルフが続いた。そしてプロ入り6年目で悲願の初優勝を上げることができた。

今週の日本勢は小俣奈三香だけが決勝ラウンドに残り、3日目にバーディなしのラウンドで73位に後退してしまったが、最終日は3バーディを奪い2オーバーで踏ん張った。通算16オーバーの69位で4日間の競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ロングスドラッグスチャレンジ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには桑木志帆プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!