ニュース

米国女子ピン・バナーヘルスの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ピン・バナーヘルス
期間:03/14〜03/17 ムーンバレーCC(アリゾナ州)

A.ソレンスタムが12アンダーで単独首位。福嶋晃子がスコアを離されたが2位

米国女子ツアーの開幕第2戦「ピン・バナーヘルス」は決勝ラウンドに入り、首位に立ったA.ソレンスタムがさらにスコアを4つ伸ばし11アンダー、2位に4打差をつけて開幕2連勝に王手をかけた。

前半に2つのバーディを奪ったソレンスタムは、後半2つのボギーを叩いたが4つのバーディを奪った。この日は2ケタ10オーバー以上を叩く選手が9人も出る難しいコンディションの中好スコアをマークした。

そのソレンスタムを4打差で追うのは前日3位につけていた福嶋晃子だ。5バーディ、4ボギーでスコアを1つ伸ばした福嶋が、ソレンスタムとの差は開いたがC.カーと並び2位につけている。

また、この日5バーディ、ノーボギーでベストスコア67をマークしたのが金美賢。通算4アンダーで前日の34位から5位に急浮上してきた。

この試合から米ツアーに乗り込んできた昨シーズン賞金ランキング2位の朴せりは、2日目にスコアを伸ばして15位に浮上してきたのだが、この日ノーバーディでスコアを5つ落としてしまった。日本勢で福嶋に続き決勝ラウンドに進出した小俣奈三香と並び33位に後退した。

そして、同じく昨年ランキング3位のK.ウェッブは、前半2番パー3でバーディを奪ったのだが、その後はスコアを伸ばせず。逆に後半3つのボギーでこちらもスコアを落とした。しかし、周りの選手が大きくスコアを落としており、65位から48位に順位を上げた。

関連リンク

2002年 ピン・バナーヘルス




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~