ニュース

米国女子ウェグマンズロチェスターLPGAの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ウェグマンズロチェスターLPGA
期間:06/19〜06/22 ローカストヒルCC(ニューヨーク州)

絶好調!R.テスキが4打差をキープし2週連続優勝!!

2003年米国女子ツアー第13戦「ウェグマンズロチェスター LPGA」が6月19日(金)から6月22日(日)までの4日間、ニューヨーク州ピッツフォードで開催された。

先週の「ジャイアントイーグル LPGA クラシック」でシーズン1勝目を挙げた、オーストラリアのレイチェル・テスキが通算11アンダーまで伸ばし、2位に4ストロークの差をつけて2週連続優勝を決めた。

初日3アンダー3位につけたテスキは、2日目に周囲が伸び悩むなか順調にスコアを伸ばし7アンダーで単独首位に立った。3日目も各選手スコアメイクに苦しんだが、テスキは7アンダーをキープ。そして迎えた最終日、ボギーをたたきながらもスコアを4つ伸ばした。

優勝したテスキを脅かすことは出来なかったが、最終日にベストスコアの66をマークし単独2位になったのはロレーナ・オチョアだった。1アンダー10位からスタートしたオチョアは、前後半6つずつのバーディを奪い、この日はノーボギーでのラウンドだった。オチョアは優勝こそないが、着実に実力をつけている。今シーズン中の初優勝も充分に可能だ。

さらに1打差の6アンダー3位は韓国のグレース朴。そして米ツアーナンバー2の朴セリが4位に入った。今週は女王アニカ・ソレンスタムが欠場しているだけに、朴としては優勝して賞金の差を一気に縮めておきたかった。

今週の日本勢は小俣奈三香片野志保が予選落ちを喫したが、小林浩美は予選を通過。初日2アンダー12位と好スタートを切った小林だが、その後は徐々に順位を下げ、通算4オーバー44位で終了した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ウェグマンズロチェスターLPGA




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。