ニュース

米国女子セーフウェイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 セーフウェイクラシック
期間:09/26〜09/28 場所:コロンビアエッジウォーターCC(オレゴン州)

A.ソレンスタムが首位タイに並んだ!

オレゴン州ポートランドのコロンビアエッジウォーターカントリークラブで行われている米国女子ツアー第25戦『セーフウェイクラシック』2日目。アニカ・ソレンスタムクリスティ・カー、ベス・ダニエルの3人が9アンダーで並び首位を分けている。

初日いきなり62で首位に立っていたベス・ダニエルだが、この日はことごとくパットを外し、結局スコアを1つ落としてしまった。逆にソレンスタムとカーは2日間とも安定した内容でまとめてきた。ソレンスタムは前後半ともに2バーディずつでノーボギー。カーは5バーディ、2ボギーで、それぞれ順位を上げた。

<< 下に続く >>

カーはツアー通算1勝で、ソレンスタムの46勝とダニエルの33勝という強豪に挟まれているが、先々週に行われたソルハイムカップでは米国代表としてチームを牽引。敗れはしたが、3勝1敗と唯一気を吐き、自信をつけた。明日はその真価が試される事になる。

話題を集める13歳のアマチュア、ミッシェル・ウィは、4バーディ、4ボギーでスコアを伸ばせずトータル3アンダーのまま。一時は5アンダーまで伸ばしたが、ショットの距離感に精彩を欠いてスコアを落とした。しかしその長打力は相変わらずで、4つあるパー5で3つバーディを稼ぎ、14位タイにとどまっている。

日本勢は、小俣奈三香が4つスコアを落としてトータル3オーバー74位タイ、福嶋晃子は2日連続で75と不調で、結局トータル6オーバー118位タイで、両者とも予選落ちとなった。

トータル2オーバー61位タイまでの73名が明日の最終ラウンドに駒を進めることになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 セーフウェイクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!