ニュース

米国女子ジョンQ ハモンズホテルクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

一人舞台!!K.ウェブが9打差独走優勝!

米国女子ツアー第24戦『John Q. Hammons Hotel クラシック』が、オクラホマ州のタルサカントリークラブで開催された。昨年はアニカ・ソレンスタムが、2位に4打差をつける圧勝を見せたが、今年はそれ以上の一方的な展開になってしまった。

初日に5アンダーをマークし、単独首位に立ったオーストラリアのカリー・ウェブは、2日目も順調にスコアを伸ばし2位に3ストロークの差をつけた。そして最終日、多くの選手がスコアを崩す中、ウェブは4ストローク伸ばし通算10アンダーでフィニッシュ。2位に9ストローク差をつけてツアー通算29勝目を飾った。

1999年、2000年と賞金女王に輝いたウェブだが、ソレンスタムの活躍の影に隠れ、優勝からも遠ざかってしまった。2001年が2勝、昨年も2勝と本来の実力を発揮できずにいたが、今年はさらに悪く、未勝利が続いていた。昨年8月に行われた「全英女子オープン」から、1年ぶりの優勝である。

2位には1アンダーのドロシー・デラシン、キャンディ・クン、タミー・グリーン、ジミー・ハレットの4人が並んだ。台湾のクンは3週連続優勝はならなかったが、2位に入るところは絶好調を物語っている。

また3オーバーの28位からスタートした朴セリが、イーブンパーまでスコアを戻し6位タイ。同じく3オーバーからスタートしたディフェンディングチャンピオンのアニカ・ソレンスタムは2つ伸ばし1オーバー10位タイで競技を終えている。

日本からは小俣奈三香が唯一出場したが、2ストローク及ばず予選落ちになってしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ジョンQ ハモンズホテルクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。