ニュース

米国女子マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

3日目サスペンデッド。ソレンスタムとハンが首位タイ!

2日目を終えた時点で悪天候が予想されていたため、今日の第3ラウンドは時間を早め、かつメジャーでは珍しい3名1組で回るという異例の措置を敢行した。しかし朝からの大雨でグリーンに水がたまり、サスペンドの処置を取らざるおえなかった。日曜日は第3ラウンドの残りを午前7時30分より開始予定。終了しない場合は翌日月曜日に持ち越される事も決定した。

2日目に64をマークし単独首位に浮上したアニカ・ソレンスタムは、3番ホールまでを終了し7アンダーに一歩後退。6アンダーでスタートしたH.W.ハンが1つ伸ばしたため、首位タイに並ばれてしまった。2番ホールでティショットを引っかけてラフに入れ、そこからは雨で予想以上に重くなったラフから出すだけで精一杯。3オン2パットのボギーを叩いてしまった。

<< 下に続く >>

アニカ・ソレンスタム
「雨がひどく降っていたので中止にしたのは正解だと思う。この試合はメジャーだし、とにかく72ホール戦って決着をつけたい。そのためなら月曜日、いや、火曜日までズレ込んでも良いと思う。もし明日に決着がつくとすれば30ホール以上をこなさなければいけないが、難しいコース設定の中では集中力を持続させる事がカギになる」

雨ながらギャラリー数は落ちていないという。首位のアニカ・ソレンスタムの注目度の高さが反映されている。

日本勢で唯一決勝ラウンドに進出した福嶋晃子は、2アンダー5位タイでのスタートだったが、出だしの2ホールで連続ボギーを叩きイーブンパーまで逆戻り。3番ホールではパーをセーブしたが、4番ホールプレー中にサスペンドとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!