ニュース

米国女子レクサスカップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 レクサスカップ
期間:12/15〜12/17 場所:タナメラGC ガーデンコース(シンガポール)

横峯さくらもポイントをゲット!世界選抜をリードして最終日を迎える!

シンガポールのタナ・メラCC ガーデンコースで行なわれている、世界選抜とアジア選抜によるチーム対抗戦「レクサスカップ」の2日目。この日は、各ホール2人のうち良いほうのスコアを採用するフォアボールで競技が行なわれた。勝利チームには1ポイント、引分けの場合は両チームに0.5ポイントずつ加算され、その合計ポイントを競い合う。

昨季とは異なり、初日にポイント差を広げられなかった世界選抜。2連覇を確実なものにするべく、キャプテンのアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)自らが先陣を切り、ナタリー・ガルビスと共にトップスタートのティグラウンドに立った。

迎え撃つは、昨日勝利を挙げているM.リーとJ.Y.リー(ともに韓国)。お互いに1ポイント以上差が広がらない一進一退の攻防が続き、世界選抜わずか1ポイントをリードして最終18番を迎える。何とか引分けに持ち込みたいところだが、ガルビスが長いバーディパットを沈めてジ・エンド。世界選抜が1ポイントを先取した。

2組目には、アジア選抜キャプテンのグレース朴とH.W.ハン(ともに韓国)が登場。前日の勝利で波に乗るJ.グラナダ(パラグアイ)とM.プレッセルのフレッシュコンビを相手に、17番を終えてイーブンに持ち込む。迎えた最終18番、グラナダとプレッセルはパーで終えると、ハンが千金のバーディ奪取。1ポイントを奪い返し、グレース朴がキャプテンの意地を見せた。

続く3組目では、中盤意向に差を広げたポーラ・クリーマーとS.プラマナス組がS.H.アン、J.M.キム(ともに韓国)組に完勝し、世界選抜が1ポイントを獲得。4組目では、逆にアジア選抜のC.クン(台湾)、J.ロザレス(フィリピン)組がB.リンシコムN.キャンベル(オーストラリア)組から1ポイントを奪い返す。

両チーム2ポイントずつを分け合う緊迫したムードの中、横峯さくらヤング・キム(韓国)がこの均衡を打ち崩す。L.デービース(イングランド)、C.コーク(スウェーデン)組に対して終盤巻き返され、オールスクエアに戻されたが、17番、18番を連続して奪い2アップで勝利。

続くS-H.リー朴セリ(ともに韓国)もS.スタインハワーA.スタンフォード組に圧勝。結局、終盤に2ポイントを連取したアジア選抜が、7対5と世界選抜をリードして最終日を迎える展開となった。

明日の最終日は、一人ひとりの実力と精神力の強さが試される総当りのストローク戦。プライドをかけて全力で挑んでくる世界選抜に対し、アジア選抜が昨年の雪辱を晴らすことができるのか!?

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 レクサスカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!