ニュース

国内シニアフーボン・ヨートク シニアカップの最新ゴルフニュースをお届け

マークセンが逃げ切って今季初優勝 室田は7位

◇国内シニア◇フーボン・ヨートク シニアカップ 最終日(20日)◇林口GC(台湾)◇6992yd(パー72)

国内シニアツアー第3戦は、3打差の首位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が、最終日も4バーディ、2ボギーの「70」とスコアを伸ばし、「67」で追い上げた盧建順(台湾)を1打差で振り切って、今季初優勝を飾った。

通算10アンダーの3位にはタワン・ウィラチャン(タイ)。通算6アンダーの4位にフランキー・ミノザ(フィリピン)が続いた。日本勢では室田淳が通算4アンダーの7位で最上位フィニッシュした。

関連リンク

2018年 フーボン・ヨートク シニアカップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~