ニュース

国内シニア日本プロシニア選手権住友商事サミットカップの最新ゴルフニュースをお届け

プラヤド・マークセンが独走でメジャー2連勝

◇国内シニアメジャー第2戦◇日本プロシニア選手権住友商事サミットカップ 最終日(9日)◇サミットゴルフクラブ(茨城)◇6935yd(パー72)

第3ラウンドの残りに引き続いて最終ラウンドが行われ、シニア1年目のプラヤド・マークセン(タイ)が後続に8打差をつける通算20アンダーで優勝。6打差リードの単独首位から出た最終ラウンドも4バーディ、1ボギーの「69」と伸ばして後続を突き放し、今季4勝目とした。

マークセンは3週間前の「日本シニアオープン」に続きメジャー2連勝。その前週「コマツオープン」から3試合連続優勝となり、独走する賞金ランクトップの座をより確固たるものとした。

通算12アンダーの2位にバリー・レーン(イングランド)。通算11アンダーの3位タイに、倉本昌弘清水洋一、マークセンと同じシニアルーキーの鈴木亨が続いた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 日本プロシニア選手権住友商事サミットカップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。