ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/28〜01/31 場所:セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

50歳のバースデー マークセンの前に広がる世界

国内男子ツアーで現在、最年長の賞金シード選手は誰だろうか。46歳の藤田寛之?2月に48歳になる谷口徹?いずれも違う。正解はタイ出身のベテラン。今年、日本参戦16年目となるプラヤド・マークセンは「SMBCシンガポールオープン」大会3日目のきょう、30日が誕生日。シニア入りする50歳になった。

体感気温は40度近いシンガポールの日中。大汗をぬぐう他選手にまぎれたマークセンは、とても涼しげだった。練習ラウンドでは日焼け防止も兼ねて、ポロシャツの下に長袖のアンダーシャツを着用。笑顔でひとこと「クール」とつぶやいた。

昨年は世界ランキング加算対象のトーナメントだけで34試合に出場。日本ツアーは賞金ランキング20位で終えた。ゆったりとしたスイングで放つ長距離砲は健在だ。

50歳になり、今年は国内シニアツアーにも参戦するつもり。米国チャンピオンズツアー進出も視野にある。「レギュラーツアーも、シニアも、アメリカも。大忙しのスケジュールになる」。

10代で地元ホアヒンのゴルフ場で、球拾いのアルバイトから始めたゴルフ。25歳でプロになった異色のキャリアの持ち主は、日本ツアーが世界に胸を張って送り出せる大ベテランだ。(シンガポール・セントーサ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!