ニュース

国内女子サイバーエージェント レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

38歳・福嶋浩子が史上初の姉妹V!プレーオフ制し涙の初優勝

◇国内女子◇サイバーエージェントレディス 最終日◇グランフィールズCC(静岡県)◇6562yd(パー72)

2打差の首位から出た38歳の福嶋浩子が「75」と崩れ、ノーボギーの「69」で回ったキム・ハヌル(韓国)と通算5アンダーで並んで、プレーオフに突入した。1ホール目でパーをセーブした福嶋に対し、キムは1m弱のパーパットを外し、福嶋のツアー初優勝が決まった。姉はツアー通算24勝の福嶋晃子。国内女子ツアー史上初めての姉妹優勝を成し遂げた。

4歳上の姉はこの日、ロープの外で妹のプレーを見守った。優勝が決まると、苦楽をともにしてきた2人は互いに涙を浮かべて抱き合った。

福嶋は優勝記者会見で「苦しかった。優勝争いは苦しいですね。でも本当に嬉しい。つらい時期があっての優勝です。今大会のウィナー(勝者)に恥じない活躍をしたい」と語った。

初日からの首位を守って迎えた最終日。福嶋は一時、後続との差を3打に広げたが、16番でダブルボギー、17番でボギーを喫した。3バーディ、4ボギー1ダブルボギーで終え、1組前でホールアウトしたキムに追いつかれた。最終18番も1m強のパーパットを残したが、これを沈めてプレーオフに持ち込んだ。

通算4アンダーの3位にイ・ボミ(韓国)。通算3アンダーの4位に笠りつ子辻梨恵が並んだ。

最終組で出た鈴木愛は1バーディ、5ボギーの「76」と崩れて、原江里菜と並んで通算2アンダーの6位でフィニッシュした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。