ニュース

国内女子NEC軽井沢72の最新ゴルフニュースをお届け

服部真夕、首位で最終日へ 渡邉彩香はアルバトロス ホステスプロ原江里菜が猛追8位

◇国内女子◇NEC軽井沢72 2日目◇軽井沢72ゴルフ北コース(長野県)◇6583yd(パー72)

首位と3打差3位グループから出た服部真夕が7バーディ、1ボギーの「66」をマークして通算11アンダーとし、単独首位に立った。2012年6月の「アース・モンダミンカップ」に続く、3季ぶりツアー通算5勝目に大きく前進した。

首位と1打差、通算10アンダーの2位に06年大会の覇者の大山志保。通算9アンダー3位に、初日首位のテレサ・ルー(台湾)。通算8アンダーの4位に前週優勝の西山ゆかりと、若林舞衣子の2選手が並んだ。

大会を主催するNEC所属で、37位から出た原江里菜が5バーディ、ノーボギーの「67」と伸ばし、通算6アンダーの8位に浮上した。現在賞金ランクトップで昨年覇者のイ・ボミ(韓国)は、通算5アンダーの14位に続いている。

54位から出た渡邉彩香は、16番(パー5)でツアー史上12回目(11人目)となるアルバトロスを達成し、通算5アンダーの14位につけている。

関連リンク

2015年 NEC軽井沢72




特集SPECIAL

HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~