ニュース

国内女子グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

曽秀鳳、逆転勝利。岡田美智子は惜しい2位

岡田美智子がいいゴルフをした。10番でダブルボギーとしたものの17番まで1アンダーペース。「リードしていることは分かっていたから最後はパーで上がろうとずっと思っていました。最後のアプローチは得意なAWだったんだけど、思ったより強くいってしまった..」

この最終ホール、岡田は約1メートルの下りを右に外して曽秀鳳と並ばれてしまった。プレーオフ1ホール目は同じ18番ショート。「プロ初のプレーオフです。ティグラウンドでは頭を残して振ることだけ考えました。緊張しやすいたちだから、ゆっくり歩いて口の中で台湾の歌を口ずさみながらグリーンに向かいました」という曽秀鳳が落ち着いてパー。またも短いパットを外した岡田美智子をくだした。曽秀鳳福嶋晃子と同年のプロテスト合格。これでツアー3勝目となった。

「また挑戦します。今年は休みなし。試合を全部入れてます。今年は家庭を犠牲にしてもゴルフ一本槍。そのぶん成績を出さないと..」という52歳の岡田は「私の母と同じ年」(曽秀鳳)。母の日の最終日。惜しい試合だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!