ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

入江由香、独走の10アンダー

2日目は朝からの濃霧のため10時55分まで中断となった。約3時間のブランク。全国的な天候不順がトーナメントにも影響を及ぼしている。

7バーディ、2ボギーと中盤を疾走したのは入江由香。長く続いた不調もようやくここ数週、上向きになっている。 「バーディが先行していたのでなんとか一つでも凹ましたかった。ハーフターン時点で2位に3打差をつけていた。でも楽な回転になるためにはもう2つは欲しいと思った」という入江。
必死だった。パットの調子がいいうちに貯金をためておきたい。そのためにはショットをなんとかピンに絡めたい。そうした貪欲な思いに応えて後半のインコースではドカドカと4つもバーディが入ってくれた。
入江のこれまでの3日間の自己ベストは5アンダー。「どうしちゃったんでしょう」と自分でも不思議だ。「5打のリードがあればなんとか自分を見失わないですみそうです。この差を6つ、7つに広げるようにプレーしたい」

下からは福嶋晃子が追い上げてきた。福嶋との差は5打。この5ストロークがはたしてどれだけ信頼できるか。「これまではアップアップの優勝ばかり。今度はキチッとしたゴルフをして勝ちたいです」と言うが、確かにすべては明日の本人の出来次第。ついでに福嶋の出来しだいという感じだ。

関連リンク

1998年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~