ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位は小野香子、原田香里。福嶋は11位タイ。

8月14日から始まったNEC軽井沢72ゴルフトーナメント。初日は小野香子が34.32=66。また原田香里も33.33=66として首位に立った。ホステスプロとして注目の福嶋晃子はアウト33ながらインを37として70。首位と4打差の11位タイに甘んじている。

福嶋晃子と同じ組でスタートの小野香子は、「なんとかアプローチ・パターで切り抜けられた」という。今年1月よりトレーナーについて筋力トレーニングと運動生理学を学んだ賜物か、今日は自己ベストの66だった。これまでの結果があまり芳しくなく「どうにでもなれと言う気持ち」だと語るが、開き直りが功を奏したようだ。

一方同じく首位の原田香里は自分に80点をつけた。「初日からいい位置で争うぞという気持ちがあった」と気合も十分。NEC軽井沢は3年ぶりの出場だが「ランキングのトップを狙いたい」と今年はかけている。また、「福嶋さんがいるうちにタイトルも取りたい」と、強気のコメントだった。
「シード、優勝は結果なんだと考えられるようになった。1打1打を大切」にという小野と、トップを狙う原田。残り2日が楽しみだ。

福嶋晃子は18番のダブルホギーが痛かった。4バーディを取りながら70。「アウトは広いのでなんとかなったけどインは狭い。刻まなくてはならず難しかった」という。ぜんたいに広い軽井沢72の北コースだが「短いロングはみんな2オンするし、長いホールは私だって2オンできない。特に有利なところなんてないです」

現在賞金女王の座を争っているトップ5のうち4人、原田香里、服部道子福嶋晃子、具玉姫が好位置をキープ。激しくしのぎを削る展開となった。

関連リンク

1998年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~