ニュース

国内女子ダンロップレディスオープンゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

豪雨の初日、不動裕理が首位

ダンロップ ツインレイクスから名称を変更。開催コースも群馬から兵庫へ引っ越した。ザ・サイプレスGCは開場7年目だが樹齢の古い木々にセパレートされた林間コース。設計は頬髭でお馴染みの大西久光氏だ。

このコース、今回はからずも「水はけ最高!」の評価を受けてしまった。たとえば77を叩いてしまった岡本綾子は「すごいわね、ここのコース。あれだけ降って水がたまらない」と誉めたあとで「パットよ、ゴルフはパット!」と自身を叱咤。また74を叩いた福嶋晃子も「あれだけ雨が強くてあんなに降ったんだから、いずれ水が溜まるだろうと思ってたら・・初めてですよこんなコース。助かりました」 近くで開催のよみうりオープンが中止になってしまったほどの雨だった。

さて初日のトップは若手ホープ不動裕理。「距離カンが合わなくて3~4メートルのパットが残ったんですけど、この入れ頃外し頃がよく入ってくれました」
クラブを換えた。体のキレが悪くなっていたのに気がつき、知人のレディス用アイアン(Yard)を使わせてもらった。これが不思議に合う。「それで重目のレディスクラブに換えました。金曜日に取り替えて、土日に打ち込んでリゾートトラストに出てみたらいきなり3位で嬉しかったです」
ついでにボールも換えてしまったという。女子プロの方が勇気がある。

1アンダーは西田智慧子。上がってくるなり「もう・・・今日はねー」とため息をついた。雨だけでなく風もすごかったという。このところの試合でボチボチ上位には上がっているが、いざ優勝を狙えるような位置にくると、自分のゴルフができなくなってしまう。 「意識しすぎなんですかね。また2位か、なんて考えてしまいます」

それにしても上位の顔ぶれ、韓国・台湾勢がズラリ。悪コンディションになると地力が出る、というべきだろうか。

関連リンク

1998年 ダンロップレディスオープンゴルフ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~