ニュース

国内女子ヤクルトレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今週は村口史子が要注意?

昨年の2位タイ村口史子、6位にくいこんだ大場美智恵は今年も元気だ。今週はちょっと要注意だろう。特に村口史子。一説によると週刊GD掲載の艶写グラビア(たしかにきれいに撮れていた)がすっかり気に入ってしまって、もっともっと目立ってやろうと意欲満々なのだ、ともいわれている。ちょっと眉ツバだが、もっともらしい。
・・・と昨日書いたら、本当に村口史子が4アンダーの2位スタート。大場美智恵は2アンダーの9位。ちょっと怖いようだ。

さて初日の首位は韓国の李五順。5アンダー。同じ韓国のベテラン具玉姫も4アンダーで2位グループ。日本の大ベテラン山岡明美もいい位置につけている。
李五順はアウトで3連続バーディ、インで4連続バーディが続いた。終盤にボギーが2つポコポコと出て結果は5アンダー。それでも本人は「調子はまあまあ。ノーボギーの7バーディでコースレコードの目もあった? それは知らなかった・・」
韓国では7連続バーディという記録も持っているという。「ちょっとパターにプレッシャーがかかってしまったかな」

村口史子はボギーなし。「気持ちよく振れてるという感じじゃないんですけどね。そこそこ。グリーンは難しいです。ていねいに攻めようと心がけてます」

山岡明美は1ボギーだった。4つのロングホールのうち3つでバーディ。「ここのコーライグリーンは打ち切れない。ショットがたまたま寄ったのが入ったという感じ。ショットも70点くらいかな。あまり計算しないでプレーした結果がこうなりました」
今週は、なぜかみんなが「そこそこ」とか「たまたま」と言っている。

関連リンク

1999年 ヤクルトレディースゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~