ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

09年のシード選手が確定!表、大場が滑り込む

国内女子ツアー第36戦の「大王製紙エリエールレディスオープン」が終了し、来年のシード選手が決定した。

今年初シードを決めたのは、イム・ウナ(韓国)、若林舞衣子、申智愛(韓国)、黄アルム(韓国)、一ノ瀬優希新崎弥生の6選手。最多シード獲得選手は、共に17年連続17回目となる肥後かおり服部道子。最年長は41歳の斉藤裕子で、最年少は20歳の服部真夕、若林、申、一ノ瀬の4選手。また、今週4位タイに入った表純子大場美智恵の両選手が、土壇場で賞金シードを獲得している。

一方、シーズン終盤は故障の為出場機会に恵まれなかったチャンナは、義務試合数未消化の為1年でシードを失った他、鬼沢信子、T.ダーディン(オーストラリア)、井芹美保子白戸由香土肥功留美木村敏美入江由香ペ・ジェヒ(韓国)らがシードを失っている。今年シード権を失った選手は、ファイナルQTに進んで来季の出場権獲得を目指すこととなる。

09年のシード選手の平均年齢は27.6歳となり、今年の27.7歳から0.1歳の若返りとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。