ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

平瀬真由美、文句無しの逃げきり優勝!

橋本愛子が2番から4連続バーディと一気にまくった。アウトは31。こうなったらもう橋本の勝利間違いなし、と見えたのだが・・。これに反して前半パーの続いた平瀬真由美は8番でようやく初バーディ。3~4メートルが入った。

「橋本選手はよく入っていた。自分はボギーになりそうなものを拾っていくパー。でも微妙 なパーパットを沈めたのが自分にとっては大きかった」と平瀬。

バック9に入ってからも11番でバーディが入りここで逆転に成功。しかし14番はボギーでまた並び、15番は橋本のボギーでまたリード。17番でピン2メートルについてくれた。ここでほぼ勝利が確定。

「アンダーでは回ろうと思っていたが、最終ホールも優勝するとかしないとか考えませんでした。あまり相手のことも考えなかった。今年はずっとうまくいっていなかったので、まさか優勝するなんて思ってもいなかった。こういうこともあるんですね・・」

橋本愛子の快進撃はインに入って別人のようにピタリと止まった。10番で不吉なボギー。以後バーディはなく、15番ボギー、そして18番は致命的なダブルボギー。トータル71。「悔しい結果です。でも次への課題ができた。少しは自信ができました」

福嶋晃子は最後までカラ回りのゴルフだった。バーディが4つ。しかしボギー1、ダボが1。「バーディが少な過ぎた。納得がいきません・・」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。