ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

平形 首位キープ。具玉姫が肉薄中

風も穏やか、暑さもしのぎ易い2日目。プロ10年目、92年のKOSE JUNONオープンに続く2回目の勝利を目指して平形ひろみが頑張っている。ボギーなしの3バーディで貯金を増やし、トータル8アンダー。しかし怖い具玉姫がひたひたと迫っている。具はアウトは3連続バーディを含む32。インに入ってから追い足が止まったが、それでも首位に2打差の6アンダーだ。賞金女王路線に乗っている不動裕理もこの日3アンダープレーで3位タイにつけた。塩谷育代も好位置。

平形ひろみはノーボギー、3バーディ。「テレビのインタビューで言われて、ああノーボギーだったんだと気付いたくらい。あまり意識していませんでした。久しぶりの最終組でしたがあまり意識しないで、プレーできたと思います」

<< 下に続く >>

明日の作戦も「これまでやっていたことをやる。ドレスアップするんじゃなてく、普段着でやることだと思ってます」

具玉姫がサングラスをかけてプレーしていた。ちょっと貫祿が出る。「サングラスは今週から。前からのメガネにちょっと色を付けただけです。運転など、どこでも使えるもんで便利なんです」

今季はなんとなくツキがない印象があるという。「ショットは悪くないんだげど、どこか1ホールでダボとかトリプルとかが必ずある。特別どこも悪くはなかったんですけど」

意外なことに最終日最終組は今季まだ2回という。そろそろ本領発揮といきたいところだ。

不動裕理が上がってきた。4バーディ、1ボギー。「他にも1番、5番、9番は2~3メートルでチャンスだったんですけど。でも今日は昨日よりグリーンに乗ったんで、だいぶ楽でした。4~5メートルのパットは、私にしてはよく入ってくれましたね」 4つのバーディのうち3ホールは4メートル以上。2~3メートルは1ホールしか決まらなかった。

現在の稼ぎ頭、賞金女王候補の不動だが、試合のない週もひたすら7時間は練習場にいる。家にいるときは本を読んだり、犬と遊んだり。つましく地味に暮らしている。楽しみは食後のデザート。甘いものに目がない。「遊びにも行きたいんですが、トーナメントが大事だから、それはオフにとっときます。タンスとか欲しいものはあるんですけどね・・」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!