ニュース

国内女子リゾートトラストレディスの最新ゴルフニュースをお届け

ん? 不動裕理がいきなりトップ

7年ぶりにスプリングフィールドGCに戻ったリゾートトラストレディス。初日はここ2週ほどおとなしかった不動裕理が6アンダー単独首位。後続に3打の差をつけての独走状態を作った。まだ初日だが、今季2勝目を狙う。安井純子・肥後かおり・平瀬真由美にアマチュアの佐藤 丹美ら9人もの選手が団子状態でひしめきあっている。

6バーディ、ノーボギーとした不動裕理。「今日はピタッとつきました。後半はほとんど4~5メートルのパットだったんですけど、ラインが難しかったですね」 先生にアドバイスをもらってゆっくりとスウィングするようになったのが、いい結果を生んだ。おかげでブレが少なくなり最近5ヤードほど飛距離が伸びている。「2週間前から意識的に実践するようになりました」

<< 下に続く >>

ドライバーがよく飛んだため、残りはショートアイアンの出番が多かった。「ショートアイアンだったからよかったんじゃないかな? でも今日はすごくラッキーな部分も多かったです。ピンのほうへボールがキックしてくれたり、自分の調子より運のほうがいいみたい。2勝目は最終日のハーフが終わった時点で考えたいと思います」

4バーディ、1ボギーとした肥後かおりはスコア的には納得したが、狙ったショットが出ないという。「ショットがいい所にこないとパッティングが難しくなるコースなんで・・・。明日、明後日に手応えがあるという訳ではないんですけど、いいスコアになったので頑張りたいと思います」

インからスタートしたアマチュア佐藤丹美は「69はスゴイなあ、と思います」と本人も驚いた様子。18番でダブルボギーを叩いたが、その前に2バーディの貯めがあった。それをパープレーと考えてショックではなかったという。結局6バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの69でまとめ、しっかり上位に食い込んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 リゾートトラストレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!