ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

上位後退。曽秀鳳、高村亜紀が浮上

曇天、強風の2日目。上位は大幅に入れ代わった。初日トップの橋本愛子はイーブンパーに後退し、代わって曽秀鳳高村亜紀が浮上。まだまだ最終日も波乱が起きそうな雰囲気だ。

曽秀鳳はなんと8バーディ。後半は2連続ボギーも叩いたが、上がり4ホールをすべてバーディとした。ショットが冴えて1~2メートルに付けてのバーディが4ホール、チップインバーディも2ホール。
「コーライグリーンは台湾もそうだから馴れている。重さも同じ。パターもしっかり打てている。明日は緊張しないよう、1打1打頑張ります。所属も廣済堂なので、ぜひ頑張りたい」と曽秀鳳

曽秀鳳の66には及ばなかったが高村亜紀は68。ボギーなしの4バーディだった。「ティショットも曲がらなかったし、パットも強めに打てている。コーライは思い切って打てるので自分に合っていると思います」
今年は妹の高村茶恵プロもツアーに加わった。「妹と一緒の試合は楽しい。でも意識はしてません」と言う。優勝7回の大器ながら一昨年のタカラワールド以来勝利がない。以後、2位が3回、3位が2回。勝てそうで勝てないでいる。飛距離には定評があるが「緊張したときのアプローチやパットなど細かいものが課題。練習不足を感じてます」
明日は思い切りよくプレーすると約束した。「自分のプレーができればいい。優勝できなくても、勉強にはなると思います」

関連リンク

2000年 廣済堂レディスゴルフカップ



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!