ニュース

国内女子再春館レディース2000火の国オープンの最新ゴルフニュースをお届け

米山みどり、危なげなくツアー2勝目

最終日も全体にスコアは伸び悩んだ。追走グールプに3打差をつけてスタートした米山みどりが危なげなく36-36のパープレー。2位黄玉珍をかっちり3ストローク離してのホールアウト。去年のフジサンケイに続くツアー2勝目をあげた。決して万全とはいえないショットだったが、それなりにまとめる力はさすが米山。今年の目玉になりそうな予感すらする。

米山みどりは5番でバーディ先行。9番、13番をボギーにしてしまったが16番でイーブンに戻してほぼ勝利を確定。17番のボギーにも動じることなく18番はグリーン外から放りこんでおまけのバーディとした。

「ショットは悪かったんですが、インに入って1打差に詰められてからはフッ切れてしまいました。鬼沢さんが7番9番とバーディバーディ。もう思い切りやろうという気持ちになれました。ショートパット、9番は外しましたがそれ以外はなかったかな。ショートパットを外さなかったのが大きいですね」

このコースはアマチュア時代、初めて予選を通ったコースなのだという。「だからかコースに対する悪いイメージがないんです。グリーンが固いとかいいますけど、ピン位置によっては狙っちゃいけない場所があって、グリーンを外してもバンカーでもパーが取れるとか・・」

去年の初優勝にくらべると、気分がかなり違う。「今回は周囲が見えてました。自分だけの世界ではなかった。シーズン早いうちに優勝しようと思い描いていたのが実現できた。すごい価値のある優勝です」

鬼沢信子にとっては貴重な1日だった。「いい緊張でした。気持ちよかった。米山さんはいいゴルフをしてましたね。ボギーを打たないゴルフ。だから自分はバーディとって攻めていこうと思ってたんですが・・」 バーディは3コ。しかしボギーは4つ出てしまった。「大きな自信になりました。来週は地元(ホームコースは那須小川)です。頑張ります」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 再春館レディース2000火の国オープン




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。